俺のメモ帖

とあるインフラ系SEのメモ帖。趣味や技術的なもとか書けたらいいなぁ。

Sony NW-A40シリーズ sphereコラボモデル

10月7日発売のNW-A40シリーズですが、コラボモデルが出るようで。

www.sony.jp

詳しい情報はまだですか。

というか、声豚以外に知名度あるんですかね。

自分もあまりよく知らないんですが、公式貼っておきます。

www.planet-sphere.jp

アニメはそこそこ見るので、高垣彩陽って人以外はわかります。

寿 美菜子と豊崎愛生の二人がいるだけでなんか「けいおん!」思い出しました。

Sony NW-A40シリーズが発表されたのでNW-A30シリーズと比較してみた

 Sony walkman NW-A40 シリーズのNW-A45とかが発表されましたね。

 製品ページはこちら。

www.sony.jp

NW-A30シリーズ発売から約1年。

10月7日に新機種が発売されるようですね。

 

ざっとスペックを見てみます。

差がある部分だけ抜き出してます。

項目 NW-A40シリーズ NW-A30シリーズ
対応フォーマット MP3/WMA/ATRAC/ATRAC/Advanced Lossless/リニアPCM(WAV)/AAC/HE-AAC/FLAC/Apple Lossless/AIFF/DSD(DSF, DSDIFFフォーマット対応)/APE/MQA MP3/WMA/ATRAC/ATRAC/Advanced Lossless/リニアPCM(WAV)/AAC/HE-AAC/FLAC/Apple Lossless/AIFF/DSD(DSF, DSDIFFフォーマット対応)
Bluetooth機能 対応コーデック : SBC , LDAC, aptX 対応コーデック : SBC , LDAC
USB DAC機能
外音取り込み機能
歌詞ピタ
充電池持続時間(MP3 128kbps) デジタルノイズキャンセリング機能 ON 約37時間 デジタルノイズキャンセリング機能 ON 約39時間

サイズも重量も全く同じで、機能もほぼ同じですな。。。

対応フォーマット増加APEとMQA、aptXについては以下を。

USB DAC機能・・・付属のUSBケーブルを使用してパソコン(*)に保存されている曲を高音質で聴くことが可能に。
→えっと、外で使うのではなくて家でPCにつないでDACとして使うってこと?
 これってポータブルオーディオプレイヤーでは???w

外音取り込み機能・・・ヘッドホンの外側に配置しているマイクで、周囲の音を取り込むことができる機能です。周囲の音に注意しながら音楽を楽しみたいときや、電車でのアナウンスを聞き逃したくないときなどに便利です。イヤホン付属モデルの専用イヤホンでないと使えない。
→ノイズキャンセルで聞こえなくなりすぎるのを防ぐ?なんか本末転倒な機能に思うんですが?


歌詞ピタ機能
・・・なくなりました。まあいいけど。


電池持続時間
・・・通常のイヤホンでの再生時間は同じ。でも、ノイズキャンセルONにした場合はA30シリーズよりも各フォーマットにおいて1~2時間ほど短くなる様子。
A30シリーズ同様にイコライザONにすると約半分以下になるんだろうな・・・ 

infrase.hateblo.jp 

新色追加・・・うれしい人はうれしいかな。

 

対応フォーマットが増えるのはいいことだと思うけど、他の機能・・・

なんか、迷走してませんか?

一応、内部基盤のレイアウトの設計見直したりして、音質向上を図っているようですが、まあこのレベルのポータブルオーディオプレイヤー買う人はそんな誤差レベルのこと気にするかってーと・・・そういう人は上位機種買うでしょうよ。

これで、予想価格が22000円ってか・・・A30シリーズは今は最安18000円くらいだから、4000円の価値を見出せるか・・・いや俺は見出せない・・・。
4000円あったら64GBのMicroSDカードってお釣りがきますね。 

どうせなら、A35発売のときにも言われてたように、独自ケーブルやめて、USB Type-C端子を実装してほしかったな。

うーん。。。

俺はこっちでいいです。しばらくこれ使い続けます。 

 

SONY MDR-EX450-Hを購入しました。

 あんまり耳がよくないのであくまで参考程度に。

 今まで約5年以上使用していた、同じくSONYの「MDR-EX310SL」が断線したため、後継機種として購入しました。

はじめは、臨時でセブンイレブンで販売されている、セブンブランドの1000円くらいのイヤホンを買ったのですが、これがよくなかった。
検索したら、たぶん「HA-FX711S-B」ってやつっぽい。ビクター製らしい。

「MDR-EX310SL」に耳が慣らされていたため、低音は物足りないし、高音域はやたらキンキンして耳にささるわ・・・。

値段が安いのは値段相応ってのを思い知りました。

 

同じ約1000円で購入した、Amazonベーシックのヘッドフォンは、値段の割りにだいぶしっかりしたいい音を出しましたがね。 

Amazonベーシック 密閉型オンイヤーヘッドホン ブラック HP01_v2

Amazonベーシック 密閉型オンイヤーヘッドホン ブラック HP01_v2

 

 まあイヤホンとヘッドフォンに同じ価格で同じ音質を求めるのが酷ということで。

 

で、通勤にヘッドフォンはいやなので、しょうがなく臨時ではなく、ちゃんとした代替を購入しようと価格COMとかAmazonのレビューとか見て、MDR-EX450にしました。

  • 価格が4000円程度まで。
  • 低音しっかり。
  • 中高音域の音の解像度がそれなりによいこと。
  • SONYの音作りが好きなので、できればSONY

上記条件で探すと、まあ順当にMDR-EX450に行き当たりました。

また、同じMDR-EX650というのもありましたが、ちょっと予算オーバーの上、以前に一度購入して、1年経たずに断線したという苦い思い出があったので、今回は断線しても精神ダメージが少ない安いほうにしました。

 

感想は。。。

  • MDR-EX310SLとほぼ同じ感じ。入れ替わった違和感がないw
  • 低音域は、音量が小さいと物足りなく、音量を上げるとしっかり出てくる。
  • 中高音域が明瞭。すっきりとした感じでよく聞こえる。
  • ちょっと長時間装着してると、耳穴が若干痛くなる。
    まあこれはイヤーピース変えると解決するかもですが。

全体的に、高音質イヤホンへの入門機って感じですかね?

よくある、某りんごまーくのスマホとかの付属品のイヤホンから脱して、ちょっといいイヤホン使ってみるか?っていう入門機としては最高の値段と音質のような気がします。

そういう付属品のイヤホンから乗り換えると、はっきりと違いが感じられ感動できるかと思います。

その結果、まあさらにいい音を目指したくなり、すぐにこれを放り出すのかもですがw

そういえば、イヤーピースのサイズを変えるだけでも、結構音変わりますよね。

以前の機種の場合は、小さいサイズから一回り大きいサイズに変えただけで、不満を感じていた、低音域の不足感が解消されましたし。
まあこの機種では変えてないのですが。

 

イヤホンとかヘッドフォンとかってほんと好みの問題が大きいので、まあ参考程度に。

ただし、3000円レベルのイヤホンの中ではかなりいいものだと言うことは間違いないと思います。

3000円レベルでそこそこいい音を求めるならば、選択肢としてよいと思います。

 

ついでに、以前一度買ったMDR-EX650も簡単に。 

 いわゆるドンシャリってやつですかね?

それでいて、ソニー系の音作り?

MDR-EX450もそういっちゃそうなんですが、より低音が強くなってる感じ?

中高音域に関しても、MDR-EX450より一段上。値段相応にMDR-EX450がそのまま解像度が上がったような?

以前買ったときは発売直後で7000円したんですが、今は5000円ほどなんですな。

もう少しお金に余裕があれば、MDR-EX650買ったんですがね。

 

あと、なんかMDR-EX450APってのもあるようですが、こちらは、リモコンとマイクつきのスマホ用カスタムですね。 

イヤホンつけて通話しないんで要らないですが。

 

 

試聴に使用した機種は、
ソニーハイレゾウォークマン、NW-A35

SIMフリースマホ、Hauwei P9 

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

 

 でした。

Amazon Fire タブレットのロック画面に表示される広告を消す

「設定」→「アプリとゲーム」→「Amazonアプリケーションの設定」→「キャンペーン情報」→「ロック画面のキャンペーン情報」のチェックをはずす(グレー状態にする)。

「オフにすると~」というポップアップが表示されるけど「オフ」を選択する。

 

デフォルト有効なので非常にうざい。これですっきり。

Amazon Fire HD 8 タブレットに Google Play を導入してみた

先日のAmazon Prime Dayで安く購入することができた、Fire HD 8 タブレット

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

このままでは、単なるプライムビデオ&自前で用意した動画視聴専用機にしかならないので、もうちょっと便利に使うためにいくつかアプリを導入したいなと思ったり。

 

ただし、周知の事実として、まあAmazonアプリストアにはアプリの数が少ない。

Fire 7 タブレット同様にGoogle Play導入して、Androidと同じアプリ使えるようにすることにした。

セキュリティがどうだとか言われていますが、ほんとのとこはどうなんですかね?
Fire 7に導入して約2年経ちますが特に不都合なかったなぁ。
そもそも、Googleのきちんとした電子署名が入ってるapk使うんだから問題あると思うほうがね。

一応、お約束ですが、サポート範囲外のことするんで、動かなくなったり不都合が生じたりしても自己責任で。

 

とりあえず、自分は以下の方法でGooglePlay導入して、Androidアプリ入れまくってます。

1.Amazonアプリストア以外からのアプリをインストール可能な状態にする

 「設定」→「セキュリティ」→「不明ソースからのアプリ」のチェックをONにする。

2.Google Play 関連ファイルたちの準備

PCでも他のAndroid端末でも、Fire HD 8自体でも何でもいいので、以下の4つのapkファイルをゲットします。
ネットに落ちているのが信頼できないなら、他にAndroid端末持っていれば、それからapkを自分で抽出すればよいかと。
ただ、Android5.0で抽出したものだと駄目で、4.0系で抽出したものでないと動作しないという記事も。

3.準備したファイルをインストー

1から順番にインストールしてきます。

4.Playストアを起動して、Googleアカウントの設定実施

画面に追加されたPlayストアのアイコンから起動して、Googleアカウントでログインして終了!

 

慣れれば5分もかからない作業!

ChromeとかGmailとか、他Amazonアプリストアにないアプリとかガンガン入れてます。

容量が16GBで足らないなら、microSDカード使えばよろし。
さすがにこの端末に128GBとかは贅沢かな。

自分は、以下を追加購入して入れてます。
Amazon認定取得で64GBで4000円。これで容量も気にならない!

 勝手に他の人のページやファイルにリンクするのもあれかなと思ったので、インストールするapkは調べてください。

よほど検索が下手でなければすぐ見つかるので。

 

あ、そういえば俺が色々入れたAndroidアプリで唯一動かなかったのが、F1の公式のLiveTimingアプリ。
PCでCS放送見ながら、タブレットでLiveTimingアプリでタイムを見る。そしてもう1台の端末でTweetをしたり追っかけたりってのが俺の中継観戦スタイルなので、ちょっとだけ残念。

 

以上、ほんの少しでも参考になれば。