俺のメモ帖

とあるインフラ系SEのメモ帖。趣味や技術的なもとか書けたらいいなぁ。

Amazon Fire タブレットのロック画面に表示される広告を消す

「設定」→「アプリとゲーム」→「Amazonアプリケーションの設定」→「キャンペーン情報」→「ロック画面のキャンペーン情報」のチェックをはずす(グレー状態にする)。

「オフにすると~」というポップアップが表示されるけど「オフ」を選択する。

 

デフォルト有効なので非常にうざい。これですっきり。

Amazon Fire HD 8 タブレットに Google Play を導入してみた

先日のAmazon Prime Dayで安く購入することができた、Fire HD 8 タブレット

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

このままでは、単なるプライムビデオ&自前で用意した動画視聴専用機にしかならないので、もうちょっと便利に使うためにいくつかアプリを導入したいなと思ったり。

 

ただし、周知の事実として、まあAmazonアプリストアにはアプリの数が少ない。

Fire 7 タブレット同様にGoogle Play導入して、Androidと同じアプリ使えるようにすることにした。

セキュリティがどうだとか言われていますが、ほんとのとこはどうなんですかね?
Fire 7に導入して約2年経ちますが特に不都合なかったなぁ。
そもそも、Googleのきちんとした電子署名が入ってるapk使うんだから問題あると思うほうがね。

一応、お約束ですが、サポート範囲外のことするんで、動かなくなったり不都合が生じたりしても自己責任で。

 

とりあえず、自分は以下の方法でGooglePlay導入して、Androidアプリ入れまくってます。

1.Amazonアプリストア以外からのアプリをインストール可能な状態にする

 「設定」→「セキュリティ」→「不明ソースからのアプリ」のチェックをONにする。

2.Google Play 関連ファイルたちの準備

PCでも他のAndroid端末でも、Fire HD 8自体でも何でもいいので、以下の4つのapkファイルをゲットします。
ネットに落ちているのが信頼できないなら、他にAndroid端末持っていれば、それからapkを自分で抽出すればよいかと。
ただ、Android5.0で抽出したものだと駄目で、4.0系で抽出したものでないと動作しないという記事も。

3.準備したファイルをインストー

1から順番にインストールしてきます。

4.Playストアを起動して、Googleアカウントの設定実施

画面に追加されたPlayストアのアイコンから起動して、Googleアカウントでログインして終了!

 

慣れれば5分もかからない作業!

ChromeとかGmailとか、他Amazonアプリストアにないアプリとかガンガン入れてます。

容量が16GBで足らないなら、microSDカード使えばよろし。
さすがにこの端末に128GBとかは贅沢かな。

自分は、以下を追加購入して入れてます。
Amazon認定取得で64GBで4000円。これで容量も気にならない!

 勝手に他の人のページやファイルにリンクするのもあれかなと思ったので、インストールするapkは調べてください。

よほど検索が下手でなければすぐ見つかるので。

 

あ、そういえば俺が色々入れたAndroidアプリで唯一動かなかったのが、F1の公式のLiveTimingアプリ。
PCでCS放送見ながら、タブレットでLiveTimingアプリでタイムを見る。そしてもう1台の端末でTweetをしたり追っかけたりってのが俺の中継観戦スタイルなので、ちょっとだけ残念。

 

以上、ほんの少しでも参考になれば。

Amazon Fire HD 8 タブレットを購入したか感想とか

先日のプライムデーで、約半額に値下がっていたので、ぽちってみた。

このブログを通して頂いたアフィリエイトの報酬のamazonギフトも投入して、トータルで約3000円だった。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

特に明確な使い道は特になかったんだけど、新しもののガジェットに興味がわくのと、なんとなく今持ってる2015年発売のFire タブレット(第5世代)ってやつより、だいぶ性能良さそうだったので、連休中のおもちゃとしていじってみようと思って買ってみた。

 

開封。

f:id:infrase:20170717080611j:plain

Fireタブレットの時と同じようなパッケージと付属品。
本体、USBケーブル、アダプタ、クイックスタートガイド。
実にシンプル。

 

手持ちのFireタブレットと大きさを比較してみた。

並べてみた。

f:id:infrase:20170717081022j:plain

重ねてみた。

f:id:infrase:20170717081025j:plain

ガワが大きくなっているのは当然だけど、それに対してベゼル幅が狭くなってる。

ちょっといじってみた感想。

Fire7に比べて、当然だけど画面きれい。

レスポンス早い。

Fire7にGoogle Play入れて、いろいろAndroid用のアプリ入れてたんだけども、Fire7だとこのGoogle Play自体がすごくもっさり。

だけど、Fire HD8は快適まではいかないけど、気にならないレベルでちゃんと動く。

当然動かないアプリもあるのだけど、概ねうごく。気にならない。

Fire7と比較すると、動作は快適。

 

性能面での比較。

項目 Fire 7(2015年版) Fire 7(2017年版) Fire HD 8(2017年版)
CPU クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz
メモリ 1GB 1GB 1.5GB
ストレージ 8GB/16GB 8GB/16GB 16GB/32GB
バッテリー 7時間 8時間 12時間
重量 313g 295g 369g
実売価格 4980円? 4980円/6980円 7980円/9980円

CPUは同じ様に見えるが、調べたところHD 8用のCPUのほうが実は性能がいいらしい。
しかも、Fire7の16GBとFireHD8の16GBって、値段1000円しか違わない。
1000円多く払うだけで、CPU性能向上、メモリ1.5倍、スタミナ1.5倍、画面サイズ7→8インチになって解像度も細かくなる。
どうしても7インチがほしいって人や、5000円ジャストまでしか出せないという事情がある人じゃなければ、これどう考えてもHD8のがいい。

そのほうが幸せになれる。

Fire7のインパクトに負けて、若干影になりがちのFireHD8だけど、これってFire7程度の用途求める人には、むしろこっちのが幸せになれること間違いない。Fire7に比べて10000円超えてるから割高に見えがちだけど、コストパフォーマンスは、はるかにこっちのHD8のが上。

まあ、ストレージの容量なんてMicroSDカードで拡張すりゃいい話なんだけどもw

 

ちなみに、俺は以下のmicroSDカード使いました。
jnhショップ」ってところでは、これを含めてSDカード数回買ってるんですが、今のところ不良品とかはつかまされていないので、一応は信頼できる店なのかな?

2015年末はさ、64GBのmicroSDが2000円くらいで売ってたのに、今は3000円超えが普通なんだね。。。

よくわかんない店とか、たくさんあるmicroSDカードからどれ選べばいいかわからないんなら、以下のAmazon公認とか選んでおけば間違いないんじゃないかな?

 

 

ちなみに。

最初に届いたものは初期不良で、イヤホンジャック端子が死んでました。手持ちのイヤホンもヘッドフォンも挿しても切り替わらないw

使用目的のひとつに、通勤中の動画視聴があるので、これはいかんとサポートにチャットで問い合わせて、次の日には代替品が届いた。

なんというか、サポートもこういう対応慣れすぎててわろた。

まあおかげで連休中のおもちゃとしての役割を果たせました。

 

よし、次はこいつにGoogle Play入れるか!!

→入れてみました。

infrase.hateblo.jp

 

Windows標準コマンドのみでパケットキャプチャ

Windowsでパケットキャプチャ=WireShark入れてなければできない。

これが少し前までの自分の常識でした。

最近のWindowsではnetshコマンドで取得できるのですね。

まあ内容見るにはひと手間要るし、見るのは結局WireSherk使っていますが。

 

あれですよ。簡単にソフトウェアとか追加できないような環境って結構あるわけですよ。そんな時に、Windows標準コマンドってのが強みになるわけです。

取得したデータは別ところに持ち出して自端末とかで解析はできますし。

 

ではそのコマンドを。

  • キャプチャの開始
    netsh trace start capture=yes
  • キャプチャの終了
    netsh trace stop
  • キャプチャの取得状態の確認
    netsh trace show status

 

開始時に、いろいろな条件を指定できます。自分がよく使うのは以下。

  • 出力先を指定したい場合
    traceFile=出力先ファイル名
    ※パスなしだとコマンドプロンプトのカレント。フルパス指定も可。
  • 最大サイズを指定したい場合
    maxSize=最大サイズ(MB)
  • 再起動後もとり続けたい場合
    persistent=yes
    ※これはWireSharkでは実現できない強みですね。リブート後から自動的に取得再開されるので、起動中のパケットとか取れるのかも?(未確認)

 

全部あわせると、以下のような感じ。

netsh trace start capture=yes traceFile=D:\temp\%COMPUTERNAME%_YYYYMMDD-HHMMSS.etl maxSize=1000 persistent=yes

 

バッチファイルとかで日時をYYYYMMDD-HHMMSS形式で取得しておいたら開始時刻やコンピュータ名をファイル名に指定できてわかりやすいかも。

 

見方。

Microsoft Message Analyzer っていうMS謹製ツールでファイルは開けます。このツールくっそ重いですが。でもこれで変換しないとWireSharkとかの使い慣れたツールで見れません。

英語版しか無いですが、以下から取得できます。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=44226

  1. etlファイルを、Microsoft Message Analyzerで開く。
  2. 全部開ききったら、「Save As」を使用して、表示されるダイアログにて「Export」を選択する。
  3. 出力されたファイルをWireSharkで開く。

非常に面倒。

調べてないけど、2の手順を自動化できないもんかね。

 

備考

コマンドで取得開始したら、コマンドでしか状態見れないかと思っていましたが、どうやらそうでもないらしく。

「管理ツール」→「パフォーマンスモニタ」で少し見られる様子。

  • 「パフォーマンス」→「データ コレクター セット」→「イベントトレースセッション」を選択し、一覧中の「NetTrace-XXXX」っていうのが進行中のセッション。
  • 「パフォーマンス」→「データ コレクター セット」→「スタートアップ イベントトレースセッション」を選択し、一覧中の「NetTrace-XXXX」っていうのが再起動後に自動的に開始するように設定したもの。
    再起動後に停止できないとかいう場合は、これを消せばいいらしい。

 

 

加湿空気清浄機 KC-F50-W を購入してみた結果

春の花粉症シーズンもほぼ終わりました。

なので、若干季節はずれ?遅れではありましたが、加湿空気清浄機を購入しました。

というのは、

  • うちの長女3歳がハウスダストアレルギーっぽくて、花粉症シーズンが終わっても咳と鼻水がよくならないこと
  • 次女が誕生したこと
  • 自分もハウスダストアレルギーで寝起き時は毎日、のどがカラカラ&痒くなってて、日によっては切れて出血して。

なので、なんとかしたいなーと思ってたからです。

 

結果として、買って大変満足してます!

 

購入した機種は、価格COMやAmazonで1位となっているシャープ製の加湿空気清浄機「KC-F50-W」です。

購入するにあたっての要件は以下でした。

  • 加湿もできること。
  • 木造10畳程度の寝室の清浄が行えること。
  • 変な海外メーカーでないこと。(細かい仕様はよく知らないんですが、なんとなくプラズマクラスター(シャープ)かナノイー(パナソニック)かなと考えてました)
  • 予算は3万円。
  • 評判が悪くないこと。
  • できるだけフィルターなどの交換が不要、もしくは長期間不要であること。

まずは価格COMで条件検索しました。
「健康・美容家電」っていうカテゴリなんですねw

 

とりあえず、検索条件に「加湿空気清浄機」「花粉モード」「PM2.5対応」だけチェック入れて検索してみました。

「ほう、プラズマクラスタのやつが15000円程度なんだ。」

「『KC-F40』と『KC-F50』てやつ、値段ほとんど変わらないのに、結構機能に違いあるなぁ。」

「HEPAってなんか聞いたことあるな」

「値段ほとんど変わらないなら『KC-F50』のがよさそう。ランキング1位みたいだし。」

てな感じでメーカーのHP見てさらに、「KC-F70」ってのも検討したけど、まあそんなに性能変わらないけど、5000円高いし「KC-F50」でいいやって感じでした。

その後はレビュー見たり、機種名で検索したり・・・。

「KC-F50」は、2015年度の機種で最新機種が「KC-G50」ってのがあるけど、値段が2倍くらいするのに、性能はほとんど変わらないので、「KC-F50」がよさそう。

というので、「KC-F50」を買うことに決定しました。

 

そしてふと、「あ、15000円なら予算3万だから2台買えるじゃん!それに、そんなに評判がいい機種なら、リビングにも置こう!」

というわけで2台一気に買うことにしたw

で、amazonで2台ぽちってわずか2日後には届きました。
いやあGW期間中なのに早くてありがとうございます。

 

早速動かしてみました。

お勧めは「おまかせ自動」か。

電気代は1.5円/Hか。1日10Hとして、15円x30日で450円が2台で約1000円か。たいしたことないね。

きれいモニターっていう汚れ具合の表示が中間のオレンジでした。数分だけガーって動いて、すぐ静かになって、モニターがきれいを表す緑になりました。拍子ぬけw。

まあ最初はあんまりわからないですよね。効果。しかもリビング居ると。

 

で、まあ問題は寝室なんですよね。寝室に行くだけで長女は、咳がひどくなったり鼻水が出だしたり。

その日は全自動運転で就寝前まで動かしてました。

で、いざ寝室に行くと、長女がまったく咳きしないし、鼻水もすすらない。

こんなに即効で効果あるとは思いませんでした。

自分も、寝起きにのどが痒くなっていることなくなりました。

 

想像以上に効果があって、なんでもっと早く買わなかったんだ・・・。これがあったら今年の花粉症もっと楽だったんじゃない?と。

 

加湿機能は実はまだ使っていません。冬が終わって、加湿するまでもない気候になってきたので、加湿機能は今年の冬の乾燥が来るまでおあずけですね。

ちなみに加湿機能に関しては、水の除菌用にカートリッジの交換が1年で必要みたいですね。
検索すると、アマゾンで普通に売ってる。今度買っておこう。

シャープ 加湿空気清浄機用 Ag+イオンカートリッジ FZ-AG01K1

シャープ 加湿空気清浄機用 Ag+イオンカートリッジ FZ-AG01K1

 

あとは加湿用のフィルターなんてのもあるんですね。

ほかにも交換用フィルターいろいろ売ってるけど、基本的に10年目安なので、たぶん交換時期が来るころには、新機種購入すると思うw

 

以下あたりは交換するかも?

キッチン用脱臭フィルター(2年)

 使い捨てプレフィルター