読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のメモ帖

とあるインフラ系SEのメモ帖。趣味や技術的なもとか書けたらいいなぁ。

マクロスΔ最終話

アニメ マクロスΔ

マクロスΔの最終回を視聴した感想。

 

不完全燃焼…これに尽きる。

 

一見三角関係(にすらなってなかった気がしないでもないくらいフレイアの圧勝)に決着が着いたし、美雲さんも戻ってきた。

総黒幕のロイド倒したんでオッケー!

 

て感じで終わったけど、色々伏線的な情報散らしておいて、回収しないまま事が多すぎやしやせんか。

 

戦争結局終わってないよね?

レディMって誰やねん!

ハヤテの暴走はともかく、フレイアの暴走っぽいのの原因は?

ハヤテぱぱの件はハヤテ達的に決着着いたんでもういいの?

美雲のクローンの件もあれでお終い?

 

多分ほかにも考えれば細かいことあるような…

 

どうするの、これ。

FRONTIERみたいに、劇場版作って決着着けるのか?

 

ただ、ハヤテがちゃんと告白してくっついたのは良かった。ハヤテの暴走を解決した(ような気がする)回で、フロンティアみたいに、お前達が俺の翼だ!的なこと言ってたので、おいおいおいおいと思ってたけど、ちゃんと決着着いた終わり方で良かった。

 

思い返すと、今回のマクロスΔ、開始前の設定見て全く期待して無かった。

 

でも、まず「いけないボーダーライン」にやられて、「僕らの戦場」に魅了されて、「破滅の純情」でトドメさされた。

戦闘中ぽい楽曲がほんと俺の好み。

そのうち話にも没入出来るようになって、メッサー死亡回、フレイア誕生日回、破滅の純情回はほんと鳥肌立って奮えた。

 

それだけに、この最終回はほんと不完全燃焼で残念だ。